ダイエットカフェ コーヒーダイエット
ダイエットカフェへようこそ
こちらでは、ダイエット、美容、健康のさまざまな情報をご紹介しています。


健康・ダイエットランキング

コーヒーダイエット
まず結論から言いますと、

○ 運動する30分前に、ブラックコーヒーを飲む
○ ウォーキングやジョギングなどの体への負担の少ない有酸素運動を、20分以上する。


ダイエットの王道は、食べる量を少なくして摂取カロリーを減らし、運動で体脂肪を燃やす事ですが、近道もあります。
その近道とは、この運動による脂肪燃焼効率を上げてやればいいわけです。それが、コーヒーダイエットです。
運動をする20〜30分前にコーヒーを飲みます。そうすると、脂肪は燃えやすくして、摂取カロリーも抑える事が出来るのです。コーヒーを飲むだけでは、効果はあまりありませんが、日頃健康・ダイエットの為に、運動をされている方で、コーヒーが飲める方には、ぜひお勧めします。飲むだけですから^^

詳しいメカニズムを紹介します。
筋肉が消費するカロリーには、筋肉中に蓄えられているグリコーゲンなどの糖類と、体脂肪が分解されて血液中に溶け出す脂肪酸の2種類があります。そして、激しい運動や短い時間の運動をすると、まずグリコーゲンが使われて、脂肪酸は使われません。脂肪酸を使うには、まず脂肪を分解しなければなりません。

脂肪酸は、15分程度の運動をすると、初めて血液中に出回り始めて、筋肉はこの脂肪酸を燃やして運動エネルギーを取得します。
つまり、15分以上続けられる運動をしないと、脂肪は燃えないのです。これが、ダイエットにウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動が必須とされる理由です。この脂肪燃焼の過程で、コーヒーの中に含まれている「カフェイン」が脂肪を分解する酵素「リパーゼ」の働きを活性化させるのです。つまり、カフェインを取ると、脂肪の分解が促進されるわけです。
コーヒーを飲んだ後に血液中の脂肪酸の量を調べると、水しか飲まなかった場合に比べて、2倍になる事が、分かっています。つまりコーヒーを飲むと、脂肪燃焼率が2倍に上がるという事です。これが、コーヒーダイエットの中核になります。

コーヒーを飲むタイミングですが、運動の20〜30分前がいいようです。カフェインの濃度が血液中で最大になるのは、コーヒーを飲んでからおよそ20〜30分後になるからです。

注意点は、飲むコーヒーは、ブラックコーヒーが望ましいです。砂糖やミルクの入ったコーヒーは、糖分、脂肪が入っていますので、ダイエット効果を妨げてしまいます。

もうひとつは、運動はウォーキング・ジョギングなどの有酸素運動がいいです。激しい運動をすると、脂肪酸ではなく、筋肉中のグリコーゲンを燃焼してしまって、脂肪は減りません。



相互リンク

ダイエットするならダイエットカフェ

Copyright (C) 2005 ダイエットカフェ All Rights Reserved